コンテンツへスキップ

秋の三品『誰も知らない』『サルサソース』『sunset by sunset』

『誰も知らない』

大きな道を逃げて歩いてた
奴らが騒ぐそこにも行かずに
切れば血の出る
生き生きとした誰も知らない風と笑った

言葉の上に置き去りの
さわれない光の宿る命の
カタチを そのカタチよ
幾千年先も幾万年先も wow wo

大きな街を避けて歩いてた
奴らが叫ぶ声など聴かずに
呼べば応える
生き生きとした誰のでもない影と踊った

言葉の下で御座なりの
さわれない時間の住まう命の
イノリを そのイノリよ
幾千年先も幾万年先も wow wo

全ての「全て」とは違う
かつてない光の満ちる

言葉の上に置き去りの
触れない光の宿る命の
カタチを そのカタチよ
幾千年先も幾万年先も wow wo

*******
credits
from 秋の三品, track released 23 November 2013
詞:ちーぱー
曲・編曲:ナ〆ナナメ
歌:かづ坊

**********

『サルサソース』

サルサソースの残りを薬指
軽くぬぐってみたような未練だね

あの日8月の風は強すぎて
消えたよ貴女の薫り

男は鎧を脱いでメロンを食べるという
剣を手放してメロンを食べるという

サルサソースがふるまわれる度に
軽い眩暈と目頭の熱さ

この日9月の風ならできるだろ
涙を乾かすぐらい

女は瞳を閉じてマロンを食べるという
潤みを携えてマロンを食べるという

サルサソースの辛さで込み上がり
軽く焦ってみたよな試練だね

きっと10月の風なら諭すだろう
貴女はもういない

ショートの女(ひと)を見かけるだけで
波が高くなり サルサソースに溺れかける

こんなことなら こんなことなら
あのとき ああ あのときに

サルサソースの残りを薬指
軽くぬぐってみたような未練だね

あの日8月の風は強すぎて
消えたよ貴女の薫り
消えたよ貴女の薫り

rai ra rai rai rai ra rai rai …

*******
credits
from 秋の三品, track released 23 November 2013
詞:ちーぱー
曲・編曲:ナ〆ナナメ
歌:かづ坊

**********

『sunset by sunset』

あかね色 滲ませた太陽に 見とれて
あすにほら 撫でられた地平線 眠たげ

「寂しくないよ」と嘘ついた 帰り道 独り 秋休み

あの坂走ってのぼれば 夕日は待ってくれたのかな 暮れたのかな
あの時走って転んで 泣いた秋のモノローグ
sunset by sunset

黄昏に 包まれ紅く塗られた ジオラマ
なぜかほら 心も溶け出しそうで あふれて

「悲しくないよ」と強がった 帰り道 踊る アキアカネ

あの坂走ってのぼれば 夕日は待ってくれたのかな 暮れたのかな
あの時はしゃいで笑った 僕たちのダイアローグ
sunset by sunset

「恐くはないよ」と言いきかす僕ら
回り道も通り道 イメージに手をかける

あの坂走って のぼれば 夕日は待ってくれたのかな 暮れたのかな
あの時走って転んで 泣いた秋のモノローグ
sunset by sunset

泣いた秋のモノローグ
sunset by sunset

*******
credits
from 秋の三品, track released 23 November 2013
詞:ちーぱー
曲・編曲:ナ〆ナナメ
歌:かづ坊

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。